ドライクリーニング

ドライクリーニングは、1830年頃にフランスで開発されました。水で洗うと型くずれや縮みが起きる衣類を水の変わりに有機溶剤を
使うことによって衣類への影響を抑えた洗浄方法です。

今現在、ドライクリーニングは、石油溶剤、パークロロエチレンなど数種類ありますが、当店では、衣類へのダメージの少ない、石油溶剤と
ドライクリーニング溶剤のなかでは、もっとも洗浄力があると言われているパークロロエチレンを、汚れの状態や洋服の繊維の種類などによって使い分けています。

ランドリークリーニング

水洗いについては、ご家庭でお洗濯されるのとかなり、近いものです。違うところといえば、業務用の洗濯機はおもに縦型のものを使います
(コインランドリーのあるのとおなじです)あとは、汚れ落ちに大きくかかわってくる洗う時のお水の温度です。下は常温から上は60度くらいまで、洗う衣類によって使い分けます。

しみぬき加工

通常のクリーニング工程で行う前処理・後処理とは、汚れやシミが繊維から離れやすくする為の作業です。

勿論この工程だけで、後はその素材に合った洗剤・助剤を使って落ちてしまうものが殆どです。

しかし、酸化変色したものやインクのような色素系、そして血液のようなタンパク質が変化したものなど、特殊な薬品や特殊な道具を使わないと取れないものもあります。時には脱色しているものなどは、上から色を掛けて目立たなくする方法もあります。

防虫加工

大切な衣類がいつの間にか虫食いに!!
これほどショックなことはありません。市販の防虫剤でもある程度効果はありますがタンスやクローゼットを開け閉めしているうちに防虫剤のガスが逃げてしまい効果がうすれてしまいます。そんなときはロコクリーニングにおまかせ!防虫加工について

撥水加工

シリコン樹脂やフッ素樹脂を衣類の繊維一本一本にコーティングし、水や汚れを完全にシャットアウトします。繊維自体をコーティングしますので、通気性が抜群な上に素材そのものの風合いを損ねることがありません。「大切なスーツにジュースをこぼしちゃった!」という場合でも、その場でサッと拭き取るだけですぐに元どおり。スーツや学生服はもちろん、 お気に入りの汚したくないお洋服にもおすすめ です。
し、
水や汚れを完全にシャットアウトします。繊維自体をコーティングしますので、通気性が抜群な上に素材そのものの風合いを損ねることがありません。
「大切なスーツにジュースをこぼしちゃった!」という場合でも、その場でサッと拭き取るだけですぐに元どおり。スーツや学生服はもちろん、 お気に入りの汚したくないお洋服にもおすすめ です

ドライとウェットのダブルクリーニング

ドライとウェットの2WAY。まずドライクリーニングで衣類の風合いを損ねることなく皮脂や油性の汚れを落とし、次に水洗いをします。衣類の汚れの大きな原因である汗は水性。
水と油は互いに交じり合わない性質のため、水性成分の汚れは水でしっかり落とすことが必要なのです。生地を傷めないよう丁寧に洗うため、縮んだりヨレたりすることがありません。2種類の方法を組み合わせることによって、衣類のゴワゴワ感をとり、汗臭さを消し軽快な着心地を取り戻します。

手洗いコース

機械での「手洗いコース」では足りない一点一点その素材とデザインに合わせた手洗いです。もちろん仕上げは全品手仕上げ。ロコオススメコースです。

毛玉とり

ニットやトレーナーは着るたびに摩擦で毛玉ができてしまいます。残念なことに、クリーニングに出しただけでは毛玉は取れません。 そんな時はクリーニングロコの毛玉取り加工におまかせ!
素材に合わせた方法で毛玉を取りますので、繊維を傷めることなく美しく仕上がり、洋服が長持ちします。お気に入りのセーターやニットの気持ちいい着心地を取り戻しませんか?

洋服のリフォーム

洋服のキズ補修からリメイクまで、一点一点確かな技術でお受けいたします。ボタン付けやファスナー取替え、袖口のすり切れ修復など、あらゆるリフォームに対応いたします。
プロの手で一手間加えるだけでお気に入りの洋服がよみがえります。クリーニングのご注文の際に一緒にいかがですか?お見積りをさせていただきますので、いつでもご相談下さい!